社会人が必ず押さえておくべき、最低限のマナーを知るサイト

マナーを守ってくれない人に遭遇したら

職場でマナーを守らない人がいたら

時間を守らない、周囲に高圧的に当たり散らす、共有スペースの使い方を守らない、そういった職場でのマナーを守らない人に接するのはストレスのもと。
ましてやそれが上司や同僚だったら、毎日イライラしながら仕事をするはめになってしまいますよね。
そんなとき、どうすればいいのか。
まずは「様子を見る」ことにしましょう。
あなたが近くに居てもマナー違反を続ける場合は「ここは〇〇をしてはいけないんですよ。次からはよろしくお願いしますね」と優しく高圧的にならないように、教えるというスタンスで声を掛けましょう。
それで改善しなければ、上長に相談しましょう。
もちろん社員全員が見ている場所で見せしめのように報告するのではなく、社内全体の雰囲気として報告するのもよいと思います。

街中や施設でマナー違反を見かけたら

タバコやゴミのポイ捨て、夜中に大音量を流す、ゴミを指定日以外に出す、順番を守らない、などなど、そういう人はみんなを不快な気分にさせますよね。
そんな人たちに遭遇したら、どうすればよいのか。
(1)まずは堪えましょう
誰かが明確な怪我や被害に遭っている場合はそれは犯罪なので警察を呼ぶべきですが、マナー違反で有ればまずは堪えましょう。
一番合ってはならないのは、指摘した事であなたが暴力を振るわれたりすることです。
勢いや怒りに任せて注意する前に、状況を確認しましょう。
(2)店員や警備員に相談する
店舗や施設でそういう人に出くわしたら、まずは「注意してきてもおかしくない人」に解決を頼みましょう。
大抵のマナー違反者は、多少の口ごたえはしても、最終的には従ってくれます。
(3)自分は同じ事をしない、と戒める
無理に解決を望むよりも、あなたが自分を高める事を社会は望んでいます。
これも大事なマインドです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る