社会人が必ず押さえておくべき、最低限のマナーを知るサイト

日常生活で守るべきマナーについて

日常生活でのマナー

(1)地域でのルールに従おう
マナーというよりルールに近い話ですが、例えば一番わかりやすいのはゴミ出しのとき。
当然指定日以外に出すのはルール違反です。
また、もう一つ大事な点としては、綺麗に出すと言うことです。
袋の口をしっかり縛る、液だれするゴミは二重に袋で包む、カラス避けネットをキチンと被せる、ゴミ捨て場は整頓につとめる、という具合ですね。
これはマナーの範疇にありますが、ゴミ捨て場は地域で共有する身近な場所なので、気を付けましょう。
(2)冠婚葬祭についてはマナーをしっかり守る
大人になるにつれ、冠婚葬祭に出席する機会も増えるでしょう。
しかし子供のころと違い、マナー違反は許されません。
例えばお見舞いをするにしても、相手の病状や状況によって対応を変えるなど、そうした気の配り方が、マナーの行き届いている人として相手にも好印象を与えるはずです。

出掛けた時のマナー

(1)飲食店でのテーブルマナーについて
普段カジュアルなファミレスでは意識しないかもしれませんが、食事にはテーブルマナーというものがあります。
例えば普段の食事でもそうしたマナーにちょっとだけ気をつけておけば、そうしたマナーを厳しく要求される食事をする機会(特に仕事の取引先など)で、慌てずに済みます。
こうした部分も「社会人」として要求されるのです。
テーブルマナーについては、例えば子供ができたときにも、親が率先して正しいマナーを教えてあげなければいけませんしね。
(2)海外に行った時
趣味で海外旅行をする人も増えましたが、海外で大変なのは「国や地域でマナーが違う」ということです。
これは「その国に行く前に、その国や地域のマナーを調べること」それ自体がマナーだと言えます。
大人になれば海外旅行も自分でできますし、海外出張もあるかも。
そんな時、社会人として、国際人としてマナーを自ら学ぶ姿勢を持ちたいですね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る