社会人が必ず押さえておくべき、最低限のマナーを知るサイト

社会人として押さえておくべきマナーを解説するサイト

普段の業務中のマナー

(1)はきはきとした挨拶を
「おはようございます」「ありがとうございます」「おつかれさまでした」という挨拶は、基本的なマナーです。
ハッキリと明朗な返事を心がけましょう。
社内だけでなく社外から見ても非常に印象がよく、更に仕事のスキルに関係なく、誰でもできるマナーの第一歩です。

(2)時間を守る
これも大原則です。
業務は社内外関わらず時間を区切って成り立っています。
間に合わない場合は必ず先に「連絡」を入れる事。

(3)整理整頓
といっても自分の机周りの話だけではありません。
自身の身だしなみも含めて、整頓しましょう。
同僚や取引先への好印象を与えますし、モノを失くすという事態も防げるので業務効率改善も図れます。

電話でのマナーと報連相

(1)電話の際のマナーについて
最低限守るべき電話でのマナーについて紹介しましょう。
1.相手に表情が見えないので、努めて明るくハキハキと話す
2.受電時は3コール以内に取り、取れなかった場合は「お待たせ致しました」
3.必ず「日時」「相手のお立場とお名前」「ご用件」「折り返す場合は折り返し先の電話番号」をメモする事
また、こちらから電話を掛ける時は、前以って要件に関してメモを作ってまとめておくと、スムーズに相手とやりとりできるはずです。
(2)報連相について
社会人のコミュニケーションで必須なのが報告・連絡・相談なのですが、以下の点に注意しましょう。
一番大事なのは「一番伝えたいことを最初に言う」ということです。
経緯や意見については上司や相手が要求してきてから伝えても遅くはありません。
次に大事なのは「自発的に報連相する事」です。
自己判断はトラブルのもとです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る