社会人として必ず身につけておくべき礼節・マナー

社会人が必ず押さえておくべき、最低限のマナーを知るサイト

社会人として押さえておくべきマナーを解説するサイト

このページでは、社会人という言葉が指す意味のうち、皆さんも想像しやすいと思われる「勤め人」として守るべきマナーについて解説していきます。 よく知られる報告・連絡・相談を筆頭に、ビジネスマンとしてのマナーを分かりやすく絞って解説していきますね。

ビジネスマンとして守るべき社会人マナーを知る

このサイトでは、社会人として最低限習得しておくべきマナーについて、解説していきたいと思います。
成長して社会に参加するようになると、特に成人してからや就職してからは、社会人として、あるいは社会人だから、という言葉で、様々な指摘やアドバイスを、年長者や上司から受ける事が増えていくのを感じている人もいるでしょう。
しかし「社会人」と言われるだけだと、その範囲の広さに視点がぶれてしまうかもしれません。
なので、このサイトでは、ページごとに「社会人」という言葉がもつ複数の対象に一つずつフォーカスしていきながら、マナーについて考えていくことにします。

最初のページでは、社会人という言葉で一番多く連想されるであろう「働く人」「務め人」として守るべきマナーを解説していきたいと思います。
マナーを守れ、と世の中は簡単に言ってきますが、自分が良かれと思ってしたことが実はマナー違反だったりすると、特に社会人になったばかりの人達は辛いと思います。
そのため、広い範囲で、どんな分野でも守るべきマナーと言える、そういうマナーを紹介していきたいと思います。
次のページでは、社会人という言葉から恐らく皆さんが次に多く連想されるであろう「成人後」に守るべきマナーについて解説していきましょう。
成人後のマナーとして皆さんが思い浮かぶのは飲酒や喫煙のマナーだと思いますが、それ以外にも社会的にできることが増えるために、守るべきマナーもそれに併せて増えていきます。
このページでは、そんな、大人として守るべきマナーについて紹介していきますね。
最後のページでは、マナーを守らない大人に遭遇した場合、職場や私的な場面で、どのように対処すればいいのか、それを考えていくページとしました。

日常生活で守るべきマナーについて

このページでは、会社という空間から離れて、あなたが日常生活を営んでいく上で守らなければならないマナーで、これは外せないという点にフォーカスして解説していくことにしましょう。 「みんなで社会生活を形成している」という考えが抜け落ちなければ、自ずとマナーは見えてきます。

マナーを守ってくれない人に遭遇したら

最後のこのページでは、マナーを守ってくれない困った人たちに遭遇してしまったら、どういった行動をとればいいのか、それを考えていきたいと思います。 義憤にまかせて注意すればいいのか、それともわれ関せずを決め込むのか、もっとほかにも、より良くしていく方法を考えます。

TOPへ戻る